東京陸軍兵器補給廠線跡

(板橋兵器庫線)

東京都北区



出典; 国土地理院発行
昭和22年7月30日 2万5千分の一 赤羽
正式名称は「東京兵器補給廠線」という・・・当時、鉄道仲間の間では「赤羽貨物線」などと呼んでいた。
60年の終わり頃では、線路も路盤もまったくそのまま残っており、「数年前まで使われていた?」とか、いろいろ噂はあったが、 「鉄道廃線跡を歩く」によると、「終戦時まで使用していたらしい」・・・との既述がある。 私はもっと後まで使用されていたのではないかと思う・・・それは60年代の終わりでも、まだ線路のさびが非常に少なく、 とても戦後25年間も放置され、全く使用されていなかったとは思えない状態だったからだ。
現在は「赤羽緑道公園」という名で整備され、かっての鉄道跡と言うことも後世に伝えられるようなデザインになっている。 左モノクロは1971年前後に、右カラーは2008年6月の撮影である。
地点の航空写真は goo の地図サイトから、1963年時点の航空写真をご覧になれば撮影時のロケーションがよく分かる。

撮影地点の全体写真

☆  カラー写真をクリックすると過去現在の比較が出ます。 ☆

A B 地点

東北本線から分岐してすぐ、八幡神社の横を通っていたところだ。
写真上、B地点から南方向、鳥居脇に「地下鉄通過反対」の看板が見えるが、新幹線、埼京線の赤羽台トンネルのことか、 それとも地下鉄南北線の事だろうか。 真上を埼京線と東北新幹線が通ったため鳥居の位置が心なしか手前に移築したようにも見える。

写真下、奥の木の房が下に垂れているが、35年以上も経っているのに形がほとんど変わっていない。 向こうに東北線の架線柱が見える。

1963年の撮影地点付近航空写真


C D 地点
1963年の撮影地点付近航空写真


上の写真、つい最近まで列車が走っていたが、土砂で不通になった・・・そんな感じだった。 現在のここの線路の模様は意外と位置が正確に書かれているようだ。

下の写真、見にくいが左にやはり「地下鉄工事反対」の看板を掲げている。奥のマンション、今も変わらぬ位置に見えるが木陰になっている。

上の写真が C地点から南西方向、下の写真が D地点から北東方向。

E 地点
小高い築堤が続く・・・


1963年の撮影地点付近航空写真

ここの位置はE地点から北東方向で、左奥の建物は赤羽保健所。今は歩道橋の陰になって見にくい。
左側の空き地は現在は公園になっている。
ここの線路のイメージ模様の位置は元の線路のあった築堤よりずっと西寄りに書いてある。本当の線路位置は汽車に似せた遊具のずっと右側だった。

F 地点
かってここに踏切があったのかもしれない。

このあたりはほとんど昔の面影が無くなっている。
わずかに左の斜面に雰囲気が残る。

1963年の撮影地点付近の航空写真


下の写真がF地点から南方向、
上の写真が北方向。

当時、このあたりだけ見るととても廃線とは思えなかった。