EB10


1967 - 1969



下り特急「ひばり」を横目に


王子車庫廃止後、東京機関区から田端に転属してきた

2両の EB10 は、常時どちらか一両が

王子須賀貨物線の入り口 に、

他の一方が 田端の南転車台横に留置されていた。

王子の方は東北線の列車からもよく見えた。

田端の方は区内を縦断する道路から、こちらも 「今日は1号機、今日は2号機」とよく見えた。

交代は数日から数週間程度で行われていたと記憶している。



EB10 1

EB10 2






田端の転車台横には古い給水塔があり
すぐその脇に EB10 はいた。 EB10 2 田端


EB10 2 田端


王子の方は、現在東北新幹線が
丁度真上を通っているところにいた。EB10 1 王子


EB10 1 王子


EB10 1 王子


須賀貨物線の本数は少なく、動く姿はなかなか見られなかったが、たまにこのような DD13 との重連も見られた。
EB10 1 王子


1971年 (昭和46年)3月、須賀貨物線は使用していた

周辺工場が移転したのに伴い廃線となった。

2両のEB10は、これより少し前の1971年1月19日に引退した。

王子では19日14:03に到着した EB102 牽引の104レで

お別れ会が施された。



廃車後のEB10  1971 - 1977



EB10は1971年1月頃に廃車になり、廃車直後は田端機関区事務所脇に2両並べておかれていた。
前1号機、後2号機 1971-6 田端


一時的に旧尾久ラウンドハウス横に置かれたこともあった。
EB10 2 尾久






1972年10月14日の鉄道100年記念行事で
田端機関区も一般公開され、その時に2両のEB10も公開された。 1号機はきれいに化粧直ししてあった。
1972-10 田端




それに対して2号機は汚れたままだった。
後で考えると1号機はこの時すでに保存が
決まっていたのかもしれない。 EB10 2 田端


府中市立交通遊園 に展示された EB10 1。
開園した頃の 1977-7 府中交通遊園



展示された直後に訪れたのでまだきれいだ。





------------------------------





約40年ぶりにEB10のいたところを訪ねてみた。
左に伸びる貨物線の位置は変わっていないが、眺望は大きく変わった。
ここは東北線が大きく左にカーブしていて良い撮影場所であったが、
王子庫のあったところは、東北新幹線の高架に完全に隠れてしまった。

左・EB10と下り「とき」 1969.11