「しづか」 は 「SHIZUKA」 じゃなかった !?

ポーター社の製造記録から




No.6  しずか (7106)
小樽博物館 2008年11月
(Photo by N.Miyagawa)

先般、アメリカでポーター社のオリジナルの製造リストを見せてもらう機会があった。
これは、「スミス・アンド・ポーター 機関車メモ、1869年 (明治元年) 6月15日 ("Massess, Smith & Porter Locomotive Memorandum Book. June 15th 1869")」 と言うもので、 初期のポーター社が製造した機関車の製造と出荷に関することが書かれている。
ポーター社は1866年設立で当初は設立者2人の名を取って "The Company Smith & Porter" と呼ばれたが、このリストはその3年後から始められているので、最初のページは製造番号44から始まっている。
1871年に創業者の一人の John Y. Smith は別の会社を設立し、1878年からは Henry Kirke Porter の独占経営で社名は、H. K. Porter, Inc. となった。

このポーター社の機関車は、日本では北海道で最初に開業した幌内鉄道(北海道官営)に使用するため 1880年に輸入した機関車が最初であるが、これらには「義経」「弁慶」など、 日本では珍しい機関車に愛称がつけられたことで有名になった。これらは1889年までに計8両が輸入されたが、 ご存じのように、この8両のうち、3両もが現在も埼玉、大阪、小樽の3博物館で保存されているという幸運な機関車である。
この機関車たちは後、国営鉄道の7100型、No.7100-7107 となったが、それぞれが保存されるまでの経緯は大変複雑でこれについては他のサイトなどを参照されたい。 (英語版ですが、当サイトにも 7100型 のページがあります。)

さてここでは彼女らの出生の記録を見てみることにする。
下はこのポーター社の記録から抜粋した大阪交通科学館に保存されている「義経」と、埼玉の鉄道博物館に保存されている「弁慶」の製造と発送の記録ページである。


出典 : Smith & Porter Locomotive Memorandum Book. June 15th 1869


これを翻訳すると下記のようになる。
(下記は著作権を有します。禁無断転載)

1880年
機関車番号 368, 369


日本、北海道、幌内鉄道向け


シリンダー径 : 12×16インチ (304.8mmX406.4mm) モーガル (*1)
軌間 : 42インチ (1067mm)
動輪 : 36インチ (914mm) × 6輪
先輪 : 24インチ (609mm) × 2輪
火格子 : ロッキング式
燃料 : 日本産石炭
注水器 : エクリプス社製、4型インジェクター
ドロワバー長(*2) : 26インチ(660mm)
動輪とテンダーとも、ウェスティングハウス社製、オート・ブレーキ装備(*3)
テンダー : 水容量 1050ガロン (3974.6L) 8輪台車
14インチ(355mm) 径 ロード・バッファロータイプのヘッドライト装備


368号機 運転室横に ”Yoshitune” 表記の銘板
テンダー表記 :
番号表示 : 1


369号機 運転室横に ”Benkei” 表記の銘板
テンダー表記 :
番号表示 : 2


368号機 (Yoshitsume) 配送 1880年4月16日
ニューヨーク、ブルックリンのイアリー・ベイソン港 (*4) から 幌内鉄道へ発送。
ジェラルド・C・トービー銀行 (*5) へ  To be lightened (*6)
ジャージー市からイアリー・ベイソン港へ
支払基準 : 重量100ポンド(*7) あたり 26セント (*7)
(鉄道での一般的支払額 $1.50 / 1両) ペルツからイアリー・ベイソン港へ(*6)
ペンシルバニア鉄道 車両番号 #15223 と #15363 に積載

369号機 (Benkei) 配送 1880年4月27日
ペンシルバニア鉄道 車両番号 #7314 と #15638に積載


(*注1)  軸配置 1-C
(*注2)  テンダーとエンジンの接続棒
(*注3)  空気制動装置
(*注4)  " Erie Basin, Brooklyn, NY "
(*注5)  " Gerard C. Tobey Bank "
(*注6)  意味不名、総輸送賃?または何かの税金か港湾手数料?
(*注7)  単位不詳、推定


このように、製造番号 367番の1号「義経」は 1880年4月16日に、368番の2号「弁慶」は 1880年4月27日にテンダーとエンジン?の2つに分割され ペンシルバニア鉄道のそれぞれ2両ずつの貨車に積載されて、まずはピッツバーグの工場からニューヨーク港に搬出され、そこから航路横浜へ出荷されたことがうかがえる。
(注 : 最終発送先が北海道ではなく、横浜である事は他の機関車リストに記載あり。横浜から小樽までどう輸送したかの記載はない。)





交通博物館保存の2号「弁慶」


ポーター社の製造プレート
「弁慶」の No.369


1889年までに輸入された8両の内、最初の6両については下記のように愛称がつけられた。
(日本語の愛称名表記はテンダーに書かれたもの)

製造番号番号愛称名メーカー出荷日国鉄番号
367番1号義 經1880年4月16日(明治13年)7105 
368番2号辨 慶1880年4月27日(明治13年)7101
487番3号比羅夫1882年4月25日(明治15年)7103 
488番4号光 圀1882年4月25日(明治15年)7104 
643番5号信 廣1884年5月14日(明治17年)7102 
672番6号しづか1885年1月17日(明治18年)7106 

この愛称名と番号は日本から注文時に表記の指示があったらしく、それぞれのリストに「キャブ(運転室)」、「番号」、「テンダー」、の 3カ所にどのように表記するか書かれている。各車それぞれキャブについてはアルファベットで、テンダーについては、日本語で表記 (義経・弁慶は空欄)との指示がある。つまりキャブ横銘板と前面番号はアメリカでポーター社が取り付け、テンダーにある名前は日本に輸入された後に書ことになっていた。 また、ボイラーや動輪、ランボード、スタック(煙突)、ヘッドライト等の金モールの装飾は,全てポーター社で施すよう書いてある。

なお、余談ながら現在では読みを「ホロナイ・テツドウ」としている「幌内鉄道」は、この送り先ではいずれも " Poronai Railway " となっている。 「ポロナイ」は当時の「幌内」の読み方として正しい発音で、鉄道名の発音も「ポロナイ・テツドウ」で正しかったのではないかと思う。(ポロ・ナイはアイヌ語で「大きな川」の意)


それではさらに小樽に保存されている 672番 の「しづか」のページを見てみよう。


出典 : Smith & Porter Locomotive Memorandum Book. June 15th 1869


672番機は下記のように書かれている。
(下記は著作権を有します。禁無断転載)

新規注文
1884年10月21日
機関車番号 672 号


モーズリー・ブラザース、ジャカタ社 様、 ニューヨーク、日本・東京 (*1)


軌間 : 42インチ (1067mm)
シリンダー径 : 12×16インチ (304.8mmX406.4mm) モーガル(*2)
動輪 : 36インチ (914mm) × 6輪
先輪 : 24インチ (609mm) × 2輪
テンダー : 水容量 1050ガロン (3974.6L) 8輪台車
燃料 : 日本産瀝青炭 (*3)
注水器 : エクリプス社製、4型インジェクター
水面計、鐘装備
ヘッドライト : 16インチ(406mm) 径 ウィリアム式(1884.11.24 WEL製)1個
運転台形式 :
カウキャッチャー : 乾燥古木製
運転室 : 乾燥古木製
真鍮パイプとエーコン様式塗装で動輪と動輪カバーを化粧
半周りの真鍮パイプモールでヘットライト、前板、ランボードを化粧
ドロワバー長 (*4) : 26インチ(660mm)


納期 90日間、1884年1月19日予定(*5)

機関車名表記 :
テンダーは日本語で、キャブは "Shidzuka" の英語8文字で表記。

機関車番号表記 : 幌内鉄道 No.6

(*6)  

発送 : 1885年1月17日、ペンシルバニア鉄道にて、
ペンシルバニア鉄道、ユニオンライン車両番号 #17447 と #1727? に積載。
梱包リストは S・H・ペイン (*7)、ジャージー市、ニュージャージーへ
汽船「パーシア・マナーク」号 (*8) にてモーズリー・ブラザース社宛で、
梱包マーク : 横浜


(*注1)  モーズリー・ブラザース社 " Mosle Bros." は東京と横浜にあった輸入代理店の名か?
       原本は "Jakata Co." になっているが "Jakarta Co." (シャカルタ)の間違え?
(*注2)  軸配置 1-C
(*注3)  ハードコール
(*注4)  テンダーとエンジンの接続棒
(*注5)  1885年1月19日の間違いと思われる。
(*注6)  ここにもう一行あるがかすれていて判読不能。
(*注7)  配送業者名? " S.H. Payne "
(*注8)  蒸気船名 " Persia Monarch "


さて、これで本ページの表題の意味がおわかりいただけたかと思う。
この注文受けメモにははっきりと 672番機 のキャブの表記は、「アルファベット8文字で " SHIDZUKA" とする。」と書かれているのである。ところが、 現在小樽の博物館に保存されている 「しづか」 のキャブの表記は "SHIZUKA" の7文字になっている。
現在のこの銘板はもちろん 1952年に 7106号が本来の「しづか」の姿に復元されたときに復刻された銘板であることは間違いない。それでは " SHIDZUKA " の名前はいつまでつけていたのだろうか。 博物館の「しづか」も 本来 "SHIDZUKA" とすべきなのだろうか。




上の原本の名前表記の部分の拡大



さらに別ページにある受注一覧のページにも "Shidzuka" と書いてある。

2つのことが考えられる。1つは「しづか」が北海道に到着し組み立てが始まったとき、銘板に余計な "D" の文字が入っていることに気づき、ポーター社のこの銘板は破棄して新たに "SHIZUKA" のプレートを作り直した。
もう一つの可能性は、初期の「しづか」はこのままの銘板をつけて、少なくとも所有していた幌内鉄道が1889年(明治22年)に北海道炭鉱鉄道になる頃までは、 この "SHIDZUKA" の名で活躍していた。・・・
もし、キャブ横の銘板が読める当時の写真が残っていればすぐに分かるのだが、残念ながら「しづか」のそのような古写真を見たことがない。 北海道炭鉱鉄道時代の 4号「光圀」の写真は岩崎・渡邊コレクションで見たことがあるが、この写真にはすでにキャブ横の愛称プレートはなかった。  どなたか幌内鉄道時代の「しづか」の写真をご存じないだろうか・・・
ただ、少なくとも672番機が日本に到着したときは、"SHIDZUKA" になっていたことだけは間違いないだろう。



旧手宮機関庫に保存されていた当時の「しづか」
1988年 手宮機関庫   



現在の保存機のプレート表記は
"SHIZUKA" になっている。

ところでこの製造リストにあるいわば 「正しくないローマ字綴り」 だが最初はもちろん正しい「靜 = Shizuka」を予定していたはずだ。 では、どこでポーター社との行き違いが生じてしまったのだろうか。 当然、日本からの発注時に誰かがこのスペルをポーター社への注文書に書き込んだはず、もし、日本人なら 「靜」の正確な発音を知っているので "Shizuka" と書き込んだだろう。 しかしこの "Shidzuka" は、アメリカ人が日本語をなまって発音した "シドゥーカ" に近い。するとあくまで想像だが、この日本からの発注書を書いたのは日本人ではなく、おそらくは発注を全面的に任されていた 記録にある横浜の輸入代理店?のモーズリー・ブラザース社のアメリカ人の誰かが日本語名を耳で聞き取ってそれを書き込んだのではないだろうか。
ちなみに "Shidzuka" 以外は正しいローマ字で、それぞれ "Yoshitsune", "Benkei", "Hirafu", "mitsukuni", "Nobuhiro"、 (大文字小文字表記原書のまま)と記載されている。

( * おまけ : ポーター車の製造リストから独自に調べた  アイアンホース号の車歴  )