日本の鉄道博物館


2016年度版


博物館の規模を示す記号 :

L = 多くの展示品や保存車両があり、見学には半日から丸一日以上必要な大規模な博物館。
M = 見学に数時間程度を要する中規模な博物館。
S = 見学に1時間かそれ以内の時間で出来る小規模な博物館、施設。
H = 展示館のない建物や車両だけのモニュメントや施設。
N = 鉄道関連以外の展示も含まれる博物館、施設。



小樽市総合博物館

北海道の鉄道の歴史全般

北海道最古の扇形庫と機関車「しづか」

C12型 6号機 と 後ろC55型 50号機


1885年に建てられた北海道そして日本でも最古の扇形庫は現在でも見ることが可能です。
博物館は2007年7月14日に全面改装されました。
構内では動態保存のアイアンホース号が運行されています。(アイアンホース号の車歴)



規 模 : L-N 所在地 : 小樽市
展示車両 : 2両の北海道最古の
蒸気機関車 7100型 「しづか」と「大勝」他
ウェブサイト : 公式サイト
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆☆☆
鉄道ファン  ☆☆☆☆☆




神居古潭駅跡 幸福交通公園

冬季は機関車にカバーが掛けてある。
新線切替えで駅は1969年6月に廃止された。




1973年にあやかり名の駅名切符がブームとなったが、その発端となった駅。 この「幸福」駅と次の「愛国」駅までの切符が「幸福から愛の国へ」というブームを作った。
規 模 : H
所在地 : 旭川市神居古潭
主な展示 : 蒸気機関車 29638, C57201, D516.
ウェブサイト : 旭川市
おすすめ度 : 一般旅行者 −
鉄道ファン  ☆☆☆
規 模 : H
所在地 : 帯広市幸福町
主な展示 : 駅舎、プラットホーム跡と気動車3両
ウェブサイト : 帯広市
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆☆☆
鉄道ファン  ☆



青函連絡船メモリアルシップ
八甲田丸
福島町
青函トンネル記念館

八甲田丸のサイドビュー




青函トンネルの北海道口。
トンネル線は1988年3月に開通したが、この写真は開通8ヶ月前の1987年7月撮影。
規 模 : M-N
所在地 : 青森市
主な展示 : 連絡船内部に キハ-82, DD16 等。
ウェブサイト : 公式サイト
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆☆☆☆
鉄道ファン  ☆☆
規 模 : S
所在地 : 北海道松前郡福島町
主な展示 : 世界最長 53.85Km のトンネル掘削の技術、歴史の紹介。
ウェブサイト : 公式サイト
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆
鉄道ファン  ☆



JR苗穂工場 鉄道技術館 追分鉄道記念館

苗穂工場で解体を待つ C55

追分庫で出番を待つ 39679 (現役時代)
規 模 : S
所在地 : 札幌市東区
主な展示 : 1910年建築の建物に工場の歴史、北海道の鉄道などを紹介。
ウェブサイト : 公式サイト
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆
鉄道ファン  ☆☆
規 模 : H
所在地 : 北海道勇払郡安平町追分
主な展示 : 保存蒸気機関車 D51320, 客車
ウェブサイト : 安平町
おすすめ度 : 一般旅行者 −
鉄道ファン  ☆☆



頸城鉄道展示資料館 上湧別町鉄道資料館

頸城2号機関車
西武山口線 1972年

一つ先の行止まり、湧別駅
1989年5月に廃線となった。
規 模 : S (不定期公開)
所在地 : 新潟県上越市
主な展示 : 頸城 2号 蒸気機関車、ディーゼル機関車 DC92 他
ウェブサイト : 頸城自動車
おすすめ度 : 一般旅行者 −
鉄道ファン  ☆☆
規 模 : H
所在地 : 北海道紋別郡上湧別町
主な展示 : 中湧別駅舎、ホーム、雪かき車
ウェブサイト : 公式サイトなし
おすすめ度 : 一般旅行者 −
鉄道ファン  ☆

日中線記念館

キ287 ラッセル車
日中線は1984年4月に廃線となった。

熱塩駅で折返しの C1164 機関車の付替え。
(現役時代)

規 模 : H 所在地 : 福島県喜多方市
主な展示 : 旧日中線熱塩駅舎、ホーム、
キ287ラッセル車、オハフ612752客車
ウェブサイト : 公式サイトなし
おすすめ度 : 一般旅行者 −
鉄道ファン  ☆




新潟市 新津鉄道資料館

新津駅で出発の時を
待つ羽越線の列車 D51609

規 模 : M 所在地 : 新潟市秋葉区
主な展示 : 雪の多い地方の鉄道、
新潟、日本海地域の鉄道の紹介。
ウェブサイト : 新潟市秋葉区
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆
鉄道ファン  ☆☆☆



地下鉄博物館 旧軽井沢駅舎記念館

地下鉄の一号機 1927年製 1001号

最初のアプト式電気機関車 EC40 (10000)
軽井沢駅前に展示してあった。撮影1968年
規 模 : M
所在地 : 東京都江東区葛西
主な展示 : 日本最大の地下鉄の博物館。 東京の地下鉄の歴史、紹介、車両の展示。
ウェブサイト : 公式サイト
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆☆☆☆
鉄道ファン  ☆☆☆☆
規 模 : S
所在地 : 長野県北佐久郡軽井沢町
主な展示 : 復元した旧軽井沢駅舎
草軽電鉄の紹介、保存機関車 10000 (EC40), EF63-2
ウェブサイト : 軽井沢町
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆☆☆
鉄道ファン  ☆☆



鉄道博物館

日本の鉄道全般の紹介





時代ごとに当時のホームの様子が再現されています。
鉄道博物館は日本最大、最古の鉄道博物館で1921年に東京で開館しました。 しかし、建物施設の老朽化のため2006年5月14日を持っていったん閉館し、2007年10月14日に さいたま市の大宮で新たに開館しました。

英文ですが別のページで
鉄道博物館の歴史と展示車両の概略 を、掲載しています。


規 模 : L
所在地 : さいたま市大宮
主な展示車両 : 日本最古の1号機関車、最後の旅客列車牽引蒸気機関車C57等、計35両の車両。
ウェブサイト : 公式サイト
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆☆☆☆☆
鉄道ファン  ☆☆☆☆☆




旧新橋停車場

旧新橋駅跡地に再現したオリジナルの駅舎

日本で最初の駅の一つ、旧新橋駅は1872年の開業です。
この元の新橋駅の跡地(旧・汐留駅)にオリジナルの駅舎の姿が復元されました。

右の写真は1997年6月、旧新橋駅跡の発掘中の写真です。



規 模 : S 所在地 : 東京都新橋
主な展示 : 旧新橋駅の遺構、発掘品他
(館内写真撮影不可)
ウェブサイト : 公式サイト
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆
鉄道ファン  ☆☆




東武博物館

近江鉄道から戻った ED101

規 模 : M-N
所在地 : 東京都墨田区東向島
主な展示 : 蒸気機関車 No.5,6, 1720系ロマンスカー, ED60, デハ1 他  (2009.7.22に全面改装)
ウェブサイト : 公式サイト
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆☆☆
鉄道ファン  ☆☆☆☆



青梅鉄道公園

歴史的機関車の保存、展示

左、日本最古の蒸気機関車の内の一両 110型
中央、2120型蒸気機関車 No.2221と、
後ろは8620型の1号機 (No.8620).

ED16型 1号機
この機関車は日本最初の
国産の量産型電気機関車

青梅鉄道公園は鉄道開業90周年を記念して1962年に開園しました。


規 模 : M
所在地 : 東京青梅市
展示車両 : 日本最大のタンク機関車 E10型, 最古の機関車の一つ 110型 No.10, 5500, 8620 2120 C111,9608, D51452, ED161, 新幹線, クモハ40.等
ウェブサイトサイト : 公式サイト
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆☆
鉄道ファン  ☆☆☆☆☆




碓氷峠鉄道文化むら

峠の機関車などの展示、実車両の運転体験。

現役時代のEF63

横川機関区前に保存されていた ED421

碓氷峠鉄道文化むらは旧横川機関区(運転所)の跡地に開園されました。
この横川-軽井沢間はかってアプト式 (線路の中間に3番目の歯車状のレールを敷き、 それを使用して急勾配を上る)と言う特殊な方式で運行されていました。 アプト式は1963年に廃止されましたが、その後もこの区間は非アプト式で運用されていました。 しかし、1997年9月30日の長野新幹線の開通によりこの区間の鉄道は廃線となりました。
博物館はこのアプト式の区間を記念してこの地に建てられたものです。

写真は旧横川機関区のもので 機関車はEF63型です。 2台のEF63型補助機関車が貨物列車を碓氷峠に押し上げます。 1973年11月撮影



規 模 : L
所在地 : 群馬県横川
主な展示車両 : アプト式 ED42, 動態保存のEF63, 勾配用補助機関車 EF591, 蒸気機関車 - D5196, ディーゼル機関車 - DD511, DD531, 電気機関車 - EF15165, EF3020, EF532, EF58172, EF65520, EF60501, EF621, EF701001, EF8063 その他 .......
ウェブサイト : 公式サイト
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆☆☆☆
鉄道ファン  ☆☆☆☆☆




赤沢森林鉄道

実際の森林鉄道に乗車できる。

森林鉄道現役の時代、上松で


規 模 : M 所在地 : 長野県木曽郡上松町
主な展示 : 森林鉄道の実車体験、
展示蒸気機関車、歴史、紹介
ウェブサイト : 上松町
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆☆☆
鉄道ファン  ☆☆




長浜鉄道スクエア

旧長浜駅舎、鉄道文化館、北陸線電化記念館


旧長浜駅舎は現存する最古の駅舎です。
駅舎は1882年3月10日に北陸本線の部分開通の時に開業しました。 さらに、翌年の1883年5月1日には旧東海道線が東よりここに直結されました。 そして長浜駅横の桟橋から大津まで琵琶湖を走る連絡線が開設され京阪神と結ばれました。 しかし1989年7月1日には米原を経由する現在の東海道本線が全通し連絡船と旧東海道線は廃止となりました。 その後この駅舎は新たな駅舎が完成する1903年まで使用されました。

左は博物館になる前の駅舎の写真です。



規 模 : M 所在地 : 滋賀県長浜市.
主な展示物 : 北陸線の歴史、保存機関車 ED70 D51793.  ウェブサイト : 公式サイト
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆☆☆
鉄道ファン  ☆☆☆




明治村 大阪交通科学館

No.9, 1977年3月


D51-2 と C62-26 1988年

規 模 : L-N
所在地 : 愛知県犬山市
主な展示 : 明治期の建物、鉄道、路面電車
蒸気動車 キハ6401, 蒸気機関車 No.9 No.12
ウェブサイト : 公式サイト
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆☆☆☆☆
鉄道ファン  ☆☆☆☆☆
大阪交通科学館は、2014年4月6日に閉館しました。
2016年4月29日に新たに京都鉄道博物館として京都市で開館する予定です。


12号機関車 1986年



梅小路蒸気機関車館

蒸気機関車の歴史や文化の展示、動態、静態保存の蒸気機関車

開館1周年記念の1973年10月

C62 2

梅小路蒸気機関車館は日本で最大の蒸気機関車専門の博物館です。 ここは1972年10月に鉄道開通100年を記念して開館しました。 この博物館の最大の特徴は何と言っても生きている機関車を体験できることです。 日に3回、往復約1Kmのコースを実際の機関車が走ります。

別のページで 梅小路機関区から蒸気機関車館へ を、紹介しています。


規 模 : L
所在地 : 京都市
保存機関車 : B2010, C1164, 8630, 9633, C51239, C5345, C551, C56160, C571, C581, C59164, C612, C621, C622, D50140, D511, D51200, D52468.
ウェブサイト : 公式サイト
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆☆☆☆
鉄道ファン  ☆☆☆☆☆


梅小路蒸気機関車館は、2015年8月30日にいったん閉館しました。
2016年4月29日に新たに京都鉄道博物館の一部としてリニューアル開館する予定です。




加悦SL広場

加悦鉄道の紹介

2号機関車


加悦鉄道現役の頃
加悦駅で出発を待つキハ083 1972年1月
加悦鉄道は1985年4月30日をもって廃線となりました。 しかし、加悦の跡地は博物館として新たに再出発しました。 古き時代の駅舎や機関車を見学することが出来ます。



規 模 : M 所在地 : 京都府与謝野町
展示車両 : 日本の黎明期の機関車 No.2 他。 ウェブサイト : 公式サイト
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆
鉄道ファン  ☆☆☆




嵯峨野観光鉄道

トロッコ列車開通の1991年撮影

本線活躍の頃 DD54 亀岡-保津峡 1969年


山陰線の保津峡区間は1989年3月に新線に切替わりこの区間は廃線となりましたが、 ここは景勝地だったこともあって1991年にトロッコ列車として復活しました。



規 模 : M 所在地 : 京都市右京区嵯峨野
主な展示 : トロッコ列車(ディーゼル牽引),
嵯峨野駅前に保存機関車
C5698 C5848 D5151 D51603 A-7
ウェブサイト : 公式サイト
おすすめ度 : 一般旅行者 ☆☆☆☆
鉄道ファン  ☆






そのほかの鉄道博物館

規 模 施設名 所在地 主な展示 公式サイト
M 三笠鉄道村 北海道三笠市幌内町 C122 59609
S304蒸気機関写実運転体験
三笠鉄道村
M-S 札幌市交通資料館 札幌市南区真駒内 札幌市で使用されていた市電10両、地下鉄5両他 札幌市交通局
M 北海道鉄道博物館 函館駅前 北海道鉄道の歴史他 北海道鉄道博物館
S 別海町鉄道記念公園 北海道野付郡別海町西春別駅跡 D51-27 ディーゼル 貨車他 べっかいテレビ
S 万字線鉄道資料館 岩見沢市 旧万字線関連資料 岩見沢市
S トロッコ王国美深 北海道中川郡美深町 トロッコ鉄道運転体験 美深町
S ふるさと銀河線りくべつ鉄道 北海道足寄郡陸別町 ディーゼルカー運転、乗車体験 りくべつ鉄道
M 青函トンネル記念館 (青森) 青森県東津軽郡外浜町 青函トンネル斜坑見学、トンネルの歴史、紹介 青函トンネル記念館
S 大畑線キハ85動態保存会 青森県むつ市大畑町 気動車キハ85の動態保存 大畑線動態保存会
S 仙台市電保存館
仙台市太白区富沢 仙台市電 1 123 415, 市電の歴史 仙台市交通局
S 河北中央公園
いもこ列車
山形県西村山郡河北町中央公園 台湾からのCタンク蒸気機関車の運転 河北町
M-S 秩父鉄道車両公園
秩父市 秩父鉄道の旧型車両、デハ107,クハニ29, ED38 等 秩父鉄道
L-M-N 東急電鉄
電車とバスの博物館

川崎市宮前区宮崎台駅 東急電鉄の紹介 東急電鉄
M 横浜市電保存館
横浜市磯子区滝頭 横浜市電の歴史, 市電 523等 横浜市交通局
S 豊昭学園鉄道資料館 東京都豊島区池袋 西武3号蒸気機関車 ---
S 光プラザ
新幹線資料館
東京都国分寺市光町 新幹線 951-1, 新幹線、鉄道関連資料 国分寺市
S 山梨県立
リニア見学センター

山梨県都留市小形山 リニアモーターカーの紹介、実験線の見学 リニア見学センター
山梨県
H 新潟交通・月潟駅跡
新潟市南区月潟 月潟駅跡、ホーム、車両 キ116 モハ11 モワ15 ---
M-N 野辺山SLランド
長野県南佐久郡南牧村野辺山 台湾からのCタンク蒸気機関車の運転、ディーゼル機関車 野辺山SLランド
H ながでん電車の広場
長野県上高井郡小布施町 長野電鉄 ED502 デハニ201 デハ354 モハ1005 長野電鉄
L リニア鉄道館
名古屋市、金城ふ頭 新幹線車両 他 JR東海
S レトロでんしゃ館
愛知県日進市浅田町 名古屋市市電の紹介、地下鉄 107 108, 市電 2017 1421 3003 名古屋市交通局
(リンク切れ)
M 貨物鉄道博物館 三重県いなべ市大安町 三岐鉄道の紹介、車両 39蒸気機関車, DB101 ディーゼル, シキ160 貨車他 三岐鉄道
M 近江鉄道ミュージアム 滋賀県彦根市 近江鉄道の資料 ED14, ED31など (公開不定期) 近江鉄道
S 福知山鉄道館
ポッポランド
京都府福知山市 蒸気機関車 C5856, C5793の動輪など ---
S 井笠鉄道記念館 岡山県笠岡市山口 井笠鉄道の歴史、1号機関車 笠岡市
M-N 柵原ふれあい鉱山公園 岡山県久米郡美咲町 片上鉄道の吉ケ原駅,車両11両,鉱山町の紹介 美咲町
L-N 広島市交通科学館 広島市安佐南区長楽寺 交通機関全般、被爆広島市電 654 広島市交通科学館
M-N 鉄道歴史パーク in SAIJO 愛媛県西条市大町 四国の鉄道の紹介 DF501 ディーゼル機関車 西条市
L 九州鉄道記念館 北九州市門司区 九州の鉄道をメインとした鉄道全般, 展示車両 58634 C591 ED721 EF1035 キハ07-41 クハ481-603 クハネ581-8 etc 九州鉄道記念館
S 鹿屋市鉄道記念館 鹿児島県鹿屋市共栄町 大隅線の紹介、気動車 ---
S ゆいレール 那覇市金城 沖縄モノレールの紹介、沖縄の鉄道の歴史 沖縄都市モノレール